バレバレのウソをつかない方法

浮気相手との関係がバレないよう、ついウソをついてしまう人も少なくありません。
相手に知られたくない秘密を持っている人は、思わずついてしまうこともあるようです。
人はウソをつく時、どのような心理状態になっているのでしょうか?

・嫌われたくないという心理

バレバレのウソをつかない方法

浮気の事実を隠すために平気でウソをつく人もいますが、その時の心理状態も色々あるようです。
その中の一つが、嫌われたくない心理です。
浮気が発覚すると浮気相手から嫌われてしまう、そんな心理状態に陥っている人も多いのです。
このような状態になりやすいのは、「自分に自信が持てない人」、「自分の評価を気にしてしまう人」などに多く見られる現象です。
このタイプの人たちは、そんなに大きな害をもたらすことはない、と言われています。
自分のことを過少評価する傾向があり、仕事や勉強ができる人でも本番に弱いなどの特性があるようです。
この手のタイプの中には謙遜しやすい人も少なくありませんが、相手にバレないように注意する必要があります。

・見栄を張ってしまう

バレバレのウソをつかない方法

見栄のためにウソをつく人もいます。
このように見栄を張りたがる人の中には、自慢話をする方が多いです。
「自分は昔すごかった」、「有名人と知り合いなんだ」など、すぐにウソと分かるようなことを話す人が周りにはいないでしょうか?
現在している浮気についても、「自分は可愛い子と付き合っている」など、つい誰かに自慢したくなってしまうようです。
もしかしたらパートナーに浮気がバレるかもしれないと思いながら、一方でその浮気相手を自慢したという気持ちも持っているのです。
このように虚栄心を持つとバレることもありますので、日頃から注意しておく必要があります。

パートナーに浮気の事実が発覚しないよう、ウソをつく人も少なくありません。
バレるのが恐くて、思わずついてしまうのかもしれません。
ウソをつく人たちの心理状態は複雑なものですが、場合によってはバレることもありますので注意しなければならないでしょう。

Top