浮気発覚対策メール術

インターネットを利用して出会いを探す人も少なくありませんが、浮気相手を見つけている人もいるようです。
SNSなどを利用すれば比較的容易に異性を見つけることができますが、メールのやり取りにも注意する必要があります。
メールで浮気が発覚しないよう、日頃から対策を講じておきましょう。

・スマートフォンや携帯電話の管理

浮気発覚対策メール術

浮気相手と連絡を取る時、メールを利用している人も少なくありません。
連絡手段としてのメールはとても便利ですが、その反面、浮気が発覚しやすいのも特徴です。
浮気相手とやり取りをしていると、それがパートナーから見つかってしまうことがあります。
そのため、日頃からスマートフォンや携帯電話自体の管理に注意しておく必要があるのです。
パートナーからすぐに見られてしまうような場所に置かず、しっかり手元に管理しておきましょう。
また、誰にも見られないようにパスワードを設定する方法もありますが、いきなり設定するとますます怪しまれてしまいます。
そのため、できることならパスワードは控えた方が良いでしょう。

・振り分け機能の利用

浮気発覚対策メール術

浮気相手との連絡手段も色々ありますが、中にはパソコンを利用して浮気相手と連絡を取っている人もいるようです。
パソコンの場合、振り分け機能を利用すると便利です。
浮気相手からのメールは別のフォルダに届くようにすれば、浮気の事実の発覚を阻止できます。
パソコンに別フォルダを作成し、そのフォルダが外部から見えないように設定すれば良いのです。
そうすることで、パートナーからの閲覧を防止できます。
ここで大切なのがアドレスですが、常に同じアドレスで送るように伝えておいてください。
違うアドレスで送ってしまうと振り分け機能が機能せず、通常のメールと一緒に届いてしまいます。
浮気相手には念を押しておくと良いでしょう。

浮気相手との連絡手段にメールを利用している人も多いですが、この場合いくつか注意する必要があります。
その内容がパートナーに発覚しないよう、日頃からスマホや携帯を手元で管理したり、パソコンの振り分け機能をフルに活用しましょう。

Top